~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 10月 31日 ( Thu)
1310sora01

いろいろありました。


1ヶ月以上のご無沙汰です。
スポンサーサイト広告が出るようになって淋しいので書きました。
このままだと10月記事ゼロになっちゃうからね。

10月はいろいろありまして。
急遽1日に、ちぃが足を手術することになりまして、そのまま3週間入院。
大したケガとかじゃなく、かかとの骨と骨の間の隙間に余分な骨があって(軟骨が硬くなったイメージ?)、それが擦れて痛いので、それを削り落とす手術。
だいぶ前から手術すると決心して予約してたんだけど、突然キャンセルが出て順番が回ってきちゃったのね。
結構そういう子が多くて、手術も順番待ちで、いつになるかわからないって言われてたんだけど。
それで、まぁ、手術は無事成功したんだけど、3週間の入院が必要で、その間、かみさんが付きっきりなので、僕が主夫をやってたってわけです。
朝、はるとそうを起こして、朝食食べさせて、食器洗って、ゴミ出しして。
夜は早く帰って晩御飯食べさせて、また食器洗ってと・・・。
洗濯ははるがやってくれましたけど。
おとうさんがお前のパンツ洗って干すけどええか?って言ったら、自分でやるって。
我ながらうまいこと言ったわ。
しかし、あらためて主婦の大変さがわかりました。
もう無事退院してきて、松葉杖で学校行ってるんだけど、復活した初日に階段踏み外して転げ落ちたらしく、病院に逆戻り。
幸い傷に影響なく、骨も折れておらず、セーフ。マジ焦ったわ。
そろそろ松葉杖もなしで歩けそうです。
今までの痛みもないようで、これで思う存分スポーツができます。

で、こんな大変な中、僕が事務所を移ろうと、思いつきで契約してしまったのさ。
ちょっといろいろ思うところがありまして、遅ればせながら、ちゃんと仕事しよっかなって。
心境の変化ってやつですか。
もうリセットするぐらいの気持ちなので、一から家具を揃え、レイアウトを考え、がんばってます。
しかし、保証金と家賃払ったら、もうお金やばくなってきたわ。
引っ越しってお金かかるのねぇ~。

さらにさらに、毎年頼まれている夢木香さんのカレンダー作りを今年も引き受けてしまい、10月中に入稿ということで、泣きながら作ってました。
まぁ、当然こんなことやってれば仕事もたまっていくので、ちぃが退院してからは毎晩午前様状態。
とてもブログ書く状態ではなかったわ。
でも、写真はちゃんと撮ってるけどね。
ということで、とりあえずサボってた言い訳でした。

今年のカレンダーは「SORA PHOTO」です。
ということで空の写真です。
今の事務所からの空です。
この景色が撮れるのもあと少しです。




1310sora02




1310sora03




1310sora04





スポンサーサイト
2013年 09月 26日 ( Thu)
1309hakone13

ようやく出会えました。
美しき世界遺産に。


伊豆から箱根に向かうのに、伊豆スカイラインを通ったんだけど、曇ってて、富士山どころか周りの景色もろくに見えない。
やっぱり富士山とは相性が悪い。
あとで調べたら、めちゃめちゃ眺めのいい道じゃん!
結局、5時半ごろに迷わず宿に着いて無事チェックイン。
なかなかきれいなリゾートホテル。
この日は花火があったけど、みんな興味がなく、ゆっくり温泉に入って美味しい料理をいただく。
久々の家族サービスだ。

翌朝、夜明けの富士山を撮りに出かけようか迷ったが、やっぱり久々の風景で寝ていてはカメラマンとは名のれないでしょ。
ということで、こういうときだけちゃんと起きて、午前3時半に独りそっと部屋を出る。
しかし、いざホテルを出ようとすると、ドアが開かない!
このホテルは夜中は自由に出入りできないのか・・・。
弱気なボクは、フロントのソファーでちょっとだけ待つことに。
しかしこんな時間、誰も通るはずもなく、諦めて部屋に戻った。
せっかく起きたのに・・・。
うだうだ迷った挙句、4時になってもう一度行ってみた。
やっぱり開かない。
そこで、ひんしゅく覚悟でフロントに電話してみた。
そしたら、丁寧に「手動で開きますよ。」って教えてくれた。
スンマセン。m(__)m
見上げれば満点の星だった。

泊まったのは湖尻なんだけど、初めての箱根でどこに行ったら富士山が見えるかわからない。
とりあえず、大涌谷から見た写真があったはずだと、近くの大涌谷に行ってみた。
そしたら、なんか工事してて富士山の方向もよくわからない。
30分遅れたため、満点の星もどっかいっちゃってたわ。


1309hakone01

すっかり東の空は白んできた。



1309hakone02

大涌谷らしきシルエット。



1309hakone03

一応、真夏のオリオンが写ってます。


仕方ないので、他を当たることにする。
しかし、地図を見ても方向はわかっても高低まではわからない。
地図で富士山が見えそうな方向に向かうと、どんどん下って行ったり、まったく見当違い。
そしたら、偶然「芦ノ湖スカイライン」という文字が目に入った。
そういえば、芦ノ湖スカイラインの「三国峠展望台」からの富士山が最高!ってのを見たぞ。
ということで、もう仕方ないのでそこに向かうことにした。
芦ノ湖湖畔からどんどん高度を上げて、富士山の気配が漂ってきた。
すると、なんと「夜間通行止」のゲートが!
なんじゃそりゃ~。
やっぱり富士山は拝めないのか・・・。
仕方なくUターンをしてしばらく戻ると、その先は「箱根スカイライン」と表示があり、どうやら通れるらしい。
そして、その左手のあわ~い青い空気の中に、うっすらと富士山のシルエットが浮かんでいた。
おぉー!なんとも久しぶりの富士山!
日本人はやっぱり富士山を見るとうれしくなってしまうのね。
うれしくて車を停めるところを探していると、反対側に「芦ノ湖展望公園」なるところを発見。
富士山は半分しか見えないところだが停めてみることに。
階段を上って見ると、眼下に芦ノ湖が広がっているではないか。
そして、雲が少しずつ色づき始めていた。



1309hakone04
突然、思わず声をあげてしまうような景色が目に入った。



1309hakone06

彷徨っているうちに、すっかり明るくなっていた。
でも、こんなところに導かれるとは、運がイイ。



そして、本命の富士山を拝める場所を探して再び走りだす。
実は、ここから先の箱根スカイラインは、富士山見放題だった。
左手に駐車スペースを見つけて、ようやく富士山を撮ることができた。
夜明け前から狙うはずだったけど、何の下調べもしないで、行き当たりばったりなことするからこんなことになるだけどね。
まぁ、結果オーライということで、久しぶりに富士山と気が合いました。
しばらく富士山の写真をどうぞ。



1309hakone06

蒼い空気の中、頭を雲の上に出し。



1309hakone07

そしてだんだんと淡いブルーに。



1309hakone08




1309hakone09




1309hakone11

気がつけば東の空がにぎやかに。
残念ながら、ここから芦ノ湖は見えない。



1309hakone12

そして西の空も青空に。



1309hakone14

見事な富士山をいただきます。



1309hakone15



1309hakone16

そして再び、芦ノ湖展望公園に戻ってみた。
淡い光の日の出だ。



1309hakone17

やわらかい光に雲が白く浮かび上がる。



1309hakone18



1309hakone19



1309hakone20

すっかり青空になった富士山側にまたまた戻る。
忙しい朝なのだ。



1309hakone21

美しい裾野である。



1309hakone22

富士山を撮ると、どうしてもやってしまう。



1309hakone23

やらなくていいのにやってしまう。
でも、たくさんの人がこっちを見てるんだろうね。


こんな感じで、独りどたばたの富士山撮影でした。
ちゃんと下調べはして出かけましょうね。




2013年 09月 07日 ( Sat)
1308isuhakone48

村上康成グッズがいっぱいです。
全種類欲しくなってしまうのです。


1階は、談話室とミュージアムショップになってまして、ファンにはたまらなう空間です。
昔のBE-PALのワッペンや、なつかしいイラストが飾ってあります。
もうねぇ、お金持ってないのに、あれもこれもみんな欲しくなっちゃうんですねぇ。
次はいつ来れるかわからんし。
結局、マグカップ、Tシャツ、カレンダーなど、いろいろ買っちゃいましたけどね。



1308isuhakone38

うわぁ~、懐かしいBE-PALのワッペンだ。



1308isuhakone39

これはでっかい。



1308isuhakone40

つきのわぐま。



1308izuhakone41.jpg

そういえば、BE-PALに突然現れたわ、かいじゅうが。
ネイチャー系じゃないけどイイネ。



1308isuhakone42

またまたワッペン発見。



1308isuhakone43

グッズもいっぱいありました。



1308isuhakone51

Tシャツもいっぱいで迷っちゃうのです。



1308isuhakone44

お皿は持ってませんでした。



1308isuhakone45

積まれたお茶碗がなんともかわいい。



1308isuhakone46

みんな欲しくなるわ。



1308isuhakone47

マグカップの種類の並びも圧巻。
迷うのです。
迷った挙句、鳥でも魚でもない「ミズナラ」の葉っぱにしてしまった。
なんでやろ?



1308isuhakone49

見上げれば、こちらも美術館のよう。



1308isuhakone50

このレインボーのバスタオルも持ってたわ。


いやいや、とにかくBE-PAL中年の長年の夢が叶いました。
もう少し近いと通えるんだけどね。
今回の旅行の一番の目的(アレ?)が果たせました。
これ見て村上さんのイラストを知った人も、ぜひぜひ行ってみてくださいね。

村上康成美術館
http://www.murakami-museum.co.jp





2013年 09月 06日 ( Fri)
1308isuhakone25

念願の「村上康成美術館」に行ってきました。


イラストレーターの村上康成さんをご存知ですか?
鳥や魚をデフォルメしたかわいいイラストを描くお方。
ボクは高校生のときから「BE-PAL」小僧で、そのアウトドア雑誌のBE-PALにいっぱい載ってたんですねぇ。
通販で村上さんのイラストのマグカップやバンダナ、タオルなんかを揃えたり、八ヶ岳に行ったら、萌木の村にあるバードハウスに、村上さんグッズを求めて立ち寄ったり、とにかく大好きでした。
その村上さんがアトリエを造ったのは知ってたんだけど、場所が伊豆高原の一碧湖ということで、なかなか行く機会がなかったんですねぇ。
それが今回、ようやくチャンス到来。
長年の願いが叶いました。
ドルフィンスイムが思ったより早く終わり、みんな別に行きたいところもわからん状態なので、昼食を食べ終えたら、もう有無を言わさず直行です。



1308isuhakone22

ようやく待ちに待った「村上康成美術館」に行くことができました。



1308isuhakone23

思ったよりこじんまりとした佇まい。



1308isuhakone24

看板もいいですね。



1308isuhakone26

みんなはそんなに興味もないので、
ボクとちぃだけ入場です。



1308isuhakone27

入るとそこは当然ながら村上ワールド。



1308isuhakone28

やさしそうなおじさんに入場料を払って入場。
「写真は撮っちゃだめだよねぇ?」と訊くと「別にかまいませんよ~」あっさり。
へぇ~と呆気にとられるが、お言葉に甘えてパシャリ。



1308isuhakone29

地下に降りると、かわいい原画と絵本の山でした。



1308isuhakone30

ボクの好きな鳥や魚のイラストの原画ではなく、
子どもの絵本の原画が多いです。



1308isuhakone31

かわいい絵本のイラストに、ちぃも大喜び。



1308isuhakone32

とっても癒される空間。
村上ワールドです。



1308isuhakone33

絵本がいっぱいなのです。



1308isuhakone34

うちにもあった「えんそくバス」
ちぃも覚えてて大喜び。



1308isuhakone35

ボクはくじらのイラストがお気に入り。



1308isuhakone36

癒されますわ。



1308isuhakone37

子どもも大人も楽しめる作品たちです。
しかし、こんなに写真撮っちゃってええんかな?
つづく。



2013年 08月 31日 ( Sat)
1308isuhakone10

イルカと泳いできましたよ!



夏休みも、ようやく終わりですね。
我が家の夏休みは、ちぃの「イルカと泳ぎたい!」の一声から始まりました。
イッテQで出川とデヴィ夫人がイルカと泳いでるのを見て言い出したのだ。
そんなもんは海外行かないとムリだとあしらっておりましたが、かみさんが何とか泳がせてあげたいというので探してみた。
すると、伊豆の伊東に「ドルフィンファンタジー」というイルカと泳げる施設を発見。
いけすの中だが、シュノーケルして入るようなので、ちょっとは気分が味わえるかと、予約をすることに。
せっかくだからと宿泊をと、急遽、いとこの会社の保養施設をお願い。
箱根のリゾートホテルが1泊2食で7000円。
ぎりぎりで宿探すこと思ったらアリガタヤ、アリガタヤ。
というわけで、我が家の夏休みの家族旅行は「伊豆・箱根」に決定しました。
しかし、家族旅行のネックはめいちゃん。
今回のリゾートホテルはペットは泊まれない。
こちらで預けると出発前日預けの帰宅翌日帰りの3泊になってしまうので、途中の沼津でペットホテルを予約することに。

16日金曜日午前6時名古屋を出発。
ようやく新東名デビュー!
道も広くて超走りやすい。
そして、初めて入る新しいサービスエリア。
早朝なのに、浜松SAは駐車できず・・・スルー。
諦めて静岡SAまでノンストップ。
こちらは何とか停めれたが、8時ぐらいなのにすごい人。
ガンプラが売ってたり、土産も一杯で、ついつい長居をしてしまった。

名古屋を出発するときはすばらしくいい天気。
ここんところ富士山とはあまり相性がよくなく、なかなかその姿が拝めない。
でも今日は大丈夫だろうと余裕をかましていたら、静岡に入ると雲が多くなり、またもや富士山はどこにもない。
やっぱり相性が良くないらしい。

のんびりしたせいで、予定より15分遅れで沼津のペットホテルに到着し、無事、めいを預ける。
めいも真夏の炎天下に連れまわされるよりよかろう。
そして、11時までに伊東に行かねばならないのだが、沼津の街を抜けるのに予想外の渋滞。
集合時間に遅れると泳げないので、お父さんマジで焦り出し、ちぃは半べそになる。
しかししかし、何とか10分遅れで到着し、無事受付終了。
ホントに焦った。
SAでゆっくりしすぎたわ。反省反省。

ということで、何とか間に合ったドルフィンスイム。
今回は、はるとちぃがイルカと泳ぐことに。
そうは「べつにいい」と興味を示さず。
初めてのウェットスーツにシュノーケル。
そして間近で見るイルカ。
夏休みの思い出になってちょうだいよ。



1308isuhakone01

何とか間に合ってホッとしたお父さん。
これが伊東のドルフィンファンタジーです。



1308isuhakone02

まずは漁船に乗ってクルージングしながら説明だそうな。



1308isuhakone03

よく見ると、いけすに背びれが。
どうやらここで泳ぐ見たい。
意外と狭いな。



1308isuhakone04

クルージングから帰ってきていよいよ。
見学の我々もいけすに渡ります。



1308isuhakone05

いましたいました、かわいいイルカ。



1308isuhakone06

おぉ~、ホント近い近い。



1308isuhakone07

まずは挨拶代わりに見事なジャンプを披露。



1308isuhakone08

鍛えられてますなぁ。



1308isuhakone09

そして、イルカと握手したり、チューしたり、
徐々にイルカと友達になっていきます。



1308isuhakone11

いよいよ、いけすでしばらくイルカと戯れます。
はるもちぃも、水泳習っててよかったわ。
天気も良くて最高だね。



1308isuhakone13

こんな感じでタッチしたり、いっしょに泳いだり。
イルカに癒されたかな?
まぁ、願いは叶ったってことで。



1308isuhakone12

約2時間のドルフィンスイム。
最後にいけすから陸に渡るとき、
ボクがイルカを撮っていたら、目の前でわざとバシャーンとやりよった。
ボクは頭から水をかぶり、カメラもズブ濡れでみんな大爆笑。
くっそ~、こんなかわいい顔しやがって。
でも、E-M5は防滴なのだよ!



1308isuhakone14

湾の外には、青い太平洋が広がっておりました。
何とか時間に間に合って、念願のイルカとも泳げたし、結果オーライ。
お父さん、面目躍如でした。



ホントは、途中でコンビニで昼飯買って済ませる予定だったんだけど、そんな余裕もなかったので、すっかりみんな腹ペコ。
昼食の場所はノーチェックだったので、適当にガイドブックで探す。
次の日の夜が海鮮丼の予定だったが、せっかくだから二日続けて食べちゃうかと、海鮮丼がおいしそうな「伊豆高原ビール本店」へ行くことに。
2時を過ぎても行列だったが、もう他を探す余裕もなく、そのまま待つこと15分。
ようやく昼食にありつけました。


1308isuhakone15

残念ながらビールは飲めないが、
このタワーのような海鮮丼はそそられるねぇ。



1308isuhakone16

そして出てきた看板と同じ「漁師の漬け丼」。
イクラ好きのちぃにはタマラナイ。
ホントに看板のとおりだったわ。



1308isuhakone17

こちらはイクラとサーモンの親子丼。
サーモン好きのはるにはタマラナイ。



1308isuhakone18

こちらはマグロとネギとろ丼(ネギ抜き)。
マグロ好きでネギ嫌いのそうにはタマラナイ。



1308isuhakone19

そして大人は、漬けではなく、新鮮な海鮮丼。
ただし、貧乏なので2人でひとつ。
子どもが食べきれないからね。



1308isuhakone20

その代わり、味噌汁をカニ汁に。
これだけでも超贅沢。
昼間からこんなの食べてええんやろかと罪悪感が。
まぁ、年に1回のことだからお許しを。



1308isuhakone21

そして、割箸の袋に書いてあった名言。
残念ながらビールは飲めなかったが、
この言葉を胸に刻んで、これからもお父さんはガンバルのであった。



2013年 08月 15日 ( Thu)
1308pendant01

久しぶりに作ってみました。



お盆に入ってまわりが休みなのか、全然仕事の電話もならないので、ホントは明日から休む予定だったけど、もう休むことにした。
で、明日から混雑覚悟で、伊豆箱根に家族で行く予定です。
どんなドタバタが待っているか不安ですが、気をつけて行ってきます。

さてさて、ビーチグラスブレスレットの流れで、久しぶりに作ってアップしていなかったペンダントをアップします。
あまりに久しぶりに作ったので、以前より劣化しております・・・。
最初は気合入れて、結構いいビーチグラスを使う予定でシルバーを使ったんですが、型を切り出したらどうも納得がいかず、ちょっともったいなくなって、あとからビーチグラスを替えるという暴挙にでたので、いまいちフィットしておりません。
何事も継続が大事ですな。


1308pendant02

水色のビーチグラスをシルバーで包みました。



1308pendant07
 



1308pendant04



1308pendant05

実は、裏がどうもカッコ悪い。
細いビーチグラスからちょっと太めに変更したので、
いまいち合ってません。



1308pendant01

でも、いたってシンプルです。



 1308pendant08

オマケですが、これはもっと前に作ってアップしそびれたもの。
緑のビーチグラスと真鍮で、葉っぱをモチーフにしてみました。



1308pendant09

裏は葉脈のイメージで。



1308pendant10

色はきれいですが、枠は微妙・・・。
もっと練習しないと、なかなかうまくはなりませんね。



2013年 08月 03日 ( Sat)
1308bracelet06

ビーチグラスのブレスレットを作ってみました。



以前、ビーチグラスで男がするワイルドなブレスレットを作ってとのリクエストをいただいておりました。
ずっと作ろう作ろうと思ってたんだけど、ようやく行動に移しました。
革ひもとビーチグラスで考えたけど、革ひもを編むとビーチグラスをどう着けるか悩ましいところで、結局最初は穴開けて通すだけのシンプルなものを作ってみました。
普通のビーチグラスではペラペラで、存在感が皆無になってしまうので、ちょっと厚めのものを使用しました。
厚いの5つに穴開けるのはちょっと大変だったわ。
まぁ、革ひも通して、あいだにウッドビーズをはさんだだけなんで、ワイルドだろぉ~とはいきませんでした。
でも、試作品を作って、クリマにしてったんだけど、流木やビーチグラスで作品を作ってる「Beach Lumber」さんにちょっと褒められちゃいました。
それで、Beach Lumber さんの流木ボタンを購入して、ビーチグラスだった留具を流木ボタンに替えてリメイクしました。
これはなかなかイイ感じです。
今度は、革ひもを編んで、さらにワイルドなのを考えてみよう。


1308bracelet01

全体はこんな感じです。



1308bracelet02

革ひもにビーチグラスとウッドビーズを通しただけの、
シンプルブレスです。



1308bracelet03

ひとつだけ色の濃い水色をアクセントに。



1308bracelet04

最初、自分の手で撮っんだけど、
毛むくじゃらのきたない写真になっちまったので、
ちぃにモデルになってもらいました(笑)



1308bracelet05

海を感じるブレスです。



1308bracelet07

バックを変えてワイルドに。



1308bracelet10



1308bracelet09



1308bracelet08



1308bracelet11

これが Beach Lumber さんの流木ボタン。
これでワイルド感、ちょっとアップ。



1308bracelet12

即席にしては結構気に入ってます。
いかがでしょう。


copyright © 2017 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。