~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 09月 05日 ( Wed)
1209summerbreeze01

名古屋で行われたライブイベントです。



先週の日曜日に、「ENDLESS SUMMER BREEZE 2012」というライブイベントに行ってきました。
出演者は、奥田民生・山崎まさよし・秦基博・斉藤和義・星野源。
豪華メンバーでしょ。
会場は日本ガイシホール(昔のレインボーホール)。
夕方3時スタートで、2時半ぐらいに会場に着いたら、渋滞で駐車場に入れんではないか。
どうやら、プールで水泳の大会をやってる影響らしい。
イライラしながら並んで、ぎりぎり3時に入場できました。
入口に演奏順が貼ってあって、それが ↑ の順番。

いきなり大御所の民生ちゃんからスタートでした。
オープニングがいきなり「イージュー★ライダー」でやられた。
「さすらい」も聴きたかったんだけど残念ながらなかったわ。
でも。民夫ちゃん、いいわ。

次が、まさやん登場のはずだったんだが、待っても待っても始まらない。
機材トラブルでもあったんでしょうか?
結局、40分待ってようやく登場。
すっかりテンション下がった状態での登場だ。
んん~、でも始まってしまえば、まさやんワールド。
久々に鳴きの入った「心拍数」聴けました。
で、ゲンタもキタローもちゃんといるじゃん。
情熱大陸ライブに行ったとこなので、こういうイベントは、バンドがいて、そこにアーティストが順番に出てくるんかな?って勝手に想像してましたが、バンドもみんな総とっかえで、それぞれのライブを順番にやる方式でした。
予習を、「三人の侍」のようなセッションをイメージしてやっていたので、ちょっとガッカリですわ。

まぁ、それはそれでよしとして、次が秦基博くん。
なんとなんと、このガイシホールで、アコギ1本で登場してきました。
勇気あるなぁ~思いきや、これがスゴイ。
前がオーガスタの先輩のまさやんだったので、「やりにくいわぁ~」を連発してましたが、なんのなんの。
圧倒的な歌唱力で、完全にガイシホールを飲み込んだって感じでした。
ボクが聴きたかった「アイ」と「鱗(うろこ)」をやってくれたので、もう感激。
「鱗(うろこ)」のアコースティックバージョンは、完全に泣いてしまいました。(T_T)
ライブでここまで涙が出たのは初めてかも。
これが聴けただけでも、来た甲斐がありましたわ。
秦くんファンがきっと増えたことでしょう。
こういう実力のある人がもっと評価されないとね。

次は、斉藤和義、せっちゃんの登場。
いきない「歩いて帰ろう」から始まって、これはエンディングじゃないの?って突っ込んじゃいました。
でも、最初から盛り上がっちゃいました。
相変わらずおとぼけトークで、「これ、民夫ちゃんからもらったシャツだけど、全然汗吸わないから買わないほうがいいですよ」って。
知らんわ。
それにしても、みんなトーク、おもろいわ。
で、おとぼけトークのあとに、いきなり「歌うたいのバラッド」ですよ!
順番ちゃうやろって突っ込んだけど、いいわぁ~、このギャップ。
これが聴けたのも来てよかった。
この後はロックで盛り上がって、最後に「やさしくなりたい」で最高潮で締め。
なるほどねぇ。
それにしても、せっちゃんってめちゃめちゃギター上手かったのね。

さてさて、このイベント、3時スタートでいったい何時までやるんだろうと思ってたんだけど、4人終わった時点で7時40分。
休憩入れて、最後の星野源くんが終わると9時過ぎそうでした。
この日は、子どもに留守番させて、かみさんと来てましたので、もう、かみさんが気が気でない。
もちろん、ボクは最後まで見たいし、最後にみんなでセッションがあるかもしれないって思ってたんだけど・・・。
実は、恥ずかしながら、星野源くんを存じ上げておりませんでしたので、まぁ、しょうがないかって、泣く泣くここで帰ってしまいました。
星野源くん、ゴメンナサイ。

それでも、結局家に着いたのは9時でして、最後まで見てたら10時過ぎは間違いなかったですね。
子どもたちはすっかりお腹を空かせて怒っておりましたので、帰って正解でしたね。
それにしても、6時間のライブとは読めんかったわ。
でも、楽しかったし、超お得なイベントでした。
来年もやるんかなぁ?
それにしても、最後にみんなで歌ったのかが気になる・・・。






秦くんの「鱗(うろこ)」の弾き語りを見つけました。
これは泣けるわ。






ちなみに、イメージしてた「三人の侍」はこんなです。



スポンサーサイト
2012年 08月 02日 ( Thu)
1207jonetsutairiku01

夕方になるとちょっと雲が出てきましたが、
とにかく暑いのだ!



6番目は、ここできました「渡辺美里」ちゃん。
ボクの中では、まだまだ美里ちゃんですよ。
大学生のころは大好きでよく聴いてました。
いきなり、ゆったりしたテンポで「My Revorution」のイントロが始まって、「ら~ら~、ら~ら~(わかるよね(^_^;))」のところで、葉加瀬太郎のバイオリン。
もうたまらんわ。
スローな「My Revorution」をじっくり聴けて、懐かしい「BELIEVE」も聴けちゃいました。
情熱大陸ライブ、11年目にして初参加だそうで、ぴったりの「10years」を歌ってくれました。
そして最後はお約束の「サマータイムブルース」。
しかも、佐藤竹善も参加で、本日最高の盛り上がり。
やっぱりすごいは、美里ちゃん。

7番目は、トリだと思ってた「フミヤ」でした。
意外や意外、若い女の子が、前のほうでキャーキャー言ってます。
フミヤって人気あるんだ。
ド初発から、「TRUE LOVE」のイントロを、佐橋くんのナマギターで聴けちゃいましたよ。
まぁ、フミヤも50才だそうだけど、声も伸びるし、まだまだ若いね。

そして、8番目のトリは、地元が生んだヒーロー、「スキマスイッチ」でした。
卓弥くんは東海市で、シンタくんは名古屋市緑区出身のバリバリ地元だもんね。
卓弥くんの実家は、セントレアから30分ぐらいのところで、葉加瀬さんは「そりゃ、近いわ」と鼻で笑ってました。
でも、ボクと同じ知多半島で育って、よくあんな子になったなぁ・・・。
聴きたかった「奏(かなで)」は葉加瀬太郎のバイオリンで、泣けるわ。
それと、新曲の「ユリーカ」がイイ!
初めて聴いたのに、めっちゃテンション上がったわ。
宇宙兄弟の主題歌だそうなんで、みんな聴きましょう!
そして最後は、もちろん「全力少年」。
最高に盛り上がったね。
おじさん、調子に乗ってジャンプしてたから、筋肉痛だよ。

そしてそして、最後大トリは、もちろんこの人「葉加瀬太郎」
よく考えたら、ナマであのバイオリン聴けるなんて幸せだよね。
「エトピリカ」でゆったりしたあと、ラストで「情熱大陸」は最高やったわ。
ホント、この人が真ん中にドーンといて、いろんなミュージシャンとコラボして、おもろいトークで盛り上げて、最後に本物の音楽を聴かすという、すばらしいイベントですわ。
もう、これはヤミツキですね。
来年も行こっと、って来年も名古屋でやってくれるかなぁ?



1207jonetsutairiku07

暑さもだんだん心地よくなってきました。




1207jonetsutairiku08

陽も傾いて、ようやくゆるやかな光線に変わってきました。



1207jonetsutairiku09

飛行機の音が聞こえてくるのがいいねと卓弥くん。
夕日をバックに飛び立つ飛行機にみんな目をやる。



1207jonetsutairiku10

日も落ちて、暗くなりかけた7時半ごろ、無事終了。
とってもいいライブでした。
でも、東京16組、大阪15組って、何時間やるんだ?



ということで、適当なライブレポート(レポートになってない)でした。
今週は大阪・万博記念公園で、この日の模様が、10月20日にTBSチャンネルで放送されるそうです。
行った人も、行けなかった人も、絶対見逃せませんよ。




2012年 07月 31日 ( Tue)
1207jonetsutairiku06  

夏フェス、デビュー!
情熱大陸ライブに行ってきました。



28日の土曜日は、名古屋初上陸の夏フェス「情熱大陸スペシャルライブ」に行ってきましたよ。
いわゆる夏フェスの野外ライブ、デビューです。
場所は、名古屋会場といいつつ、中部国際空港セントレア(常滑でっせ)。
情熱大陸ライブは、テレビ番組のテーマ曲でおなじみ「葉加瀬太郎」がやってるライブイベントで、今年で11年目だそうですが、名古屋は初上陸。
参加メンバーとバンドメンバーがよかったし、場所も近かったので、ちょっとチケット取ってみました。

それにしても、この日は殺人的暑さ。
名古屋の最高気温は37度・・・(T_T)
しかも、下がアスファルトで、体感気温は間違いなく40度越えでしょう。
もう「灼熱大陸」ですわ。



1207jonetsutairiku02

とりあえず、久しぶりのセントレアなので、早めに乗り込み遊んでました。
空港のジオラマが撮りたかったんだよね。



1207jonetsutairiku03

お昼ごろに会場に移動。
見えます見えます、ステージが。
けっこう離れてた、ていうか、セントレア広いな。



1207jonetsutairiku04

入場すると、意外と狭いぞ。
スクリーンもないぞ。
でも、人がいっぱいで、テンションあがります。



1207jonetsutairiku05

それにしても、マジで暑いのです。
でも、こうやって始まるのを待つのもワクワクですね。
真ん中の2ブロック目のなかなかいい席じゃん。



そして、いよいよライブスタート。
オープニングは「ナオト・インティライミ」
ちょっと前からラジオでしゃべってるの聴いて、よくしゃべるおもろい人ってイメージだったけど、最近は曲も聴くようになって、気になる存在でした。
オープニングを盛り上げるには適任だね。
ファンも多く人気ありますな。
太郎・インティライミ、気に入ったよ。

2番目は、ボクのイチオシ「→Pia-no-jaC←」
あのビレヴァン本店の店頭ライブから、一気にビッグになっちゃいましたね。
ボクとしては「驚愕のテクニックを見せてやれ!」って感じでした。
でも、知らないうちに葉加瀬太郎とコラボしてCDまで出してました。
いいわ、このコラボ。
クラシックをズタズタにしてしまうのがたまらん。
インストでも盛り上がりましたよ。

3番目は、今回のお目当て「Sing Like Talking」
佐藤竹善のアノ声を生で聴けるんですよ。
あまりの暑さに、ビールを買ってきて開けた瞬間、いきなり「JOY」のアカペラが始まるじゃないか!
やっぱりいい声だぜ!
もう気持ちよく、ビール片手に踊っちゃいました。
ホントは「Rise」が聴きたかったんだけど、残念ながらやりませんでした。
でも、最後は「SPIRIT OF LOVE」でご機嫌でしたよ。
最初の3組で、ココロワシづかみにされちゃいました。



1207jonetsutairiku11

ビールもあっという間にぬるくなるぜ。
 


4組目は、「KREVA」。
まぁ、ラップはよくわからないので休憩タイムだったけど、「音色」だけわかった。
気持ちよいゆらぎ、ていうか、暑さでもうろう・・・。

5番目に、「押尾コータロー」きました!
さすがにインストで周りの盛り上がりには欠けてましたが、ボクはノリノリでしたよ。
念願のナマ押尾ギターが聴けました。
さすがの超絶テクニックですね。
葉加瀬太郎とのセッションもよかった。
それにしても、葉加瀬太郎と押尾コータローが同級生ってホントなの?

終わってしばらくしたら、またコータローが出てきた。
そしたら、バンマスでギターの「佐橋佳幸」とのギターバトルが始まった(松たか子の旦那さんですね)。
これはすごいバトルだ。
しばらく聴き入っていたら、「サイモン&ガーファンクル」の「ミセス・ロビンソン」が始まって、しかも、そこにボーカルで佐藤竹善とナオトが乱入。
きれいなハーモニーを聴かせてくれて、鳥肌モノだったわ。
これが聴けただけでも、来てよかった!
これが夏フェスのおもしろさだね。

なんて感じで、後半へつづく。


2011年 11月 18日 ( Fri)
1111cratokolive16

続きまして「くまがい吏加」さんのライブです。
これは超特等席ですね。


ひととおり会場をぶらついて、欲しいものをゲットして、ぼちぼち帰ろかなぁなんて思っていると、またまた声が響いてきた。
今度は、くまがい吏加さんという方のライブ。
アコギ一本に伸びのある声で弾き語ります。
森に響き渡るやさしい声に誘われて、またまた会場の奥までやってきました。
今回も特等席を確保しているお客さんがいましたよ。
なんともかわいい光景です。


1111cratokolive14

なんとも微笑ましいステキなシチュエーション。



1111cratokolive15

まさに特等席です。



1111cratokolive17

もう、この子のためだけに歌っちゃってください。



1111cratokolive18

そして、山マキとのセッションが始まりました。



1111cratokolive19

まったりとしたときが流れます。



1111cratokolive20

どんどん近くなってる。



1111cratokolive21

なんか“トイフォト”がいい感じなのでした。



1111cratokolive22

もう正座して聴いちゃってます。



1111cratokolive23

最後はもう翔んじゃいました(笑)
それぐらい気持ちがいいのです。


こんな感じのクラトコ2011でした。
素敵な作家さんの作品と、おいしい食べ物と、いい音楽とで、なんとも癒される空間でした。
途中、雨もぱらつきましたが、しっとりとした森の雰囲気も良かったです。
そうそう、ちょうど雨がぱらついたときに歌ってた「雨」って曲がよかったな。
何より今回は、ステキな音楽に出会えたことが一番の収穫でした。
また来年も楽しみしてますよ~。



2011年 11月 16日 ( Wed)
1111cratokolive09

贅沢な森の音楽会です。



クラトコの会場に到着して、作品を見出すとすぐに、奥のほうから心地よい音色が聞こえてきました。
行ってみると、バイオリン・ギター・チェロのトリオでライブが始まった。
これがまた、北欧系といいますかアイリッシュ系といいますかブルーグラス系といいいますか(すいません、ジャンルはまったくわかりませんが、無印で流れてそう・・・)、とにかく僕の大好きな音楽なんです。
「山田晋吾とマキノリョータ」というユニットにチェロのサポートということでした。
これがまた、森に良く合う音楽で、クラトコにピッタリ。
ブース見るのやめて、最後まで聴き入ってしまいました。



1111cratokolive12

「山田晋吾とマキノリョータ」
通称「山マキ」だそうです。



1111cratokolive01

とにかく森にピッタリの音色。



1111cratokolive02

この子のハートに入り込んで



1111cratokolive03

この子のハートをくすぐって



1111cratokolive04

この子のハートをわしづかみ



1111cratokolive05

気がつけば仲間も増えてました。
みんな目指せ!ミュージシャン!



1111cratokolive06

このまったりとした空気がなんともいえないのです。



1111cratokolive07

どんよりと雨が降り出しそうな霞んだ森。
オリジナルはこんな感じ。



1111cratokolive08

こんな日はデイドリームがお似合い。
夢の中のようです。



1111cratokolive10

トイフォトも良く似合います。



1111cratokolive11

ちなみにジオラマはこんな感じです(笑)



1111cratokolive13

いいものを見せていただき、ありがとうございました。
この時間に行ってよかったわ。



すっかりはまってしまった山マキ。
終了後にはしっかりCD「マトリョーシカ」をゲットしました。
今はヘビーローテーションです。
僕は初めて聴いたんだけど、山マキは去年もクラトコに来てたみたいですね。
またひとつ、楽しみができました。


2011年 11月 02日 ( Wed)
1111chaki01

故原田芳雄さん愛用のギター“Chaki P-1”
内田勘太郎さんが奏でました。



10/30(日)、友人の誘いで、1年ぶりに元憂歌団のギタリスト内田勘太郎さんのライブに行ってきました。
何の予習もせずに行ったので、今日は誰がゲストかな?と思っていたら、珍しく勘太郎さん一人。
というより、今回のゲストは、ギター”Chaki P-1”
話によると、このギターは、今年亡くなられました原田芳雄さん愛用のギターなんだそうです。
元々は木村さんが買ったギターで、それが勘太郎さんのとこにきて、最終的に原田芳雄さんが預かったようで。
原田さんが亡くなられて、息子さんの意向で再び勘太郎さんのところに戻ってきたそうです。
その“Chaki”、今宵、名古屋で一度だけの演奏なんだって。
憂歌団時代のChakiを知らない僕が、このギターのことは語れませんが、心地よい音色を奏でておりました。
僕はそのcoolなギターの姿をカメラに納めるのに夢中でした。
ブルースシンガーとしての芳雄さんの声、カッコよすぎです。
最後に見たのはドラマ「新参者」の時計屋さんだったかな。
最後まで渋かったぜ。
その芳雄さんが愛用していたギターなんだ。


-------------------------
八月のある日、永い間 原田芳雄さんに預けてあった
“Chaki P-1”が沖縄の家に届いた。
弾いてみると中々良い感じなのだ。
久し振りに人前で弾いてみたくなった。
とりあえず名古屋でだけ、すこうし・・・・・・。内田勘太郎
-------------------------



1111chaki02

雨のtokuzo



1111chaki03

こんな日は
クロスプロセスなトーンか、



1111chaki04

少々粗っぽく
ラフモノクロームか。



1111chaki05



1111chaki06


とにかく、感じたままのイメージで撮ったフォトを並べてみます。
言葉は不要です。


1111chaki07



1111chaki08



1111chaki09



1111chaki10



1111chaki11



1111chaki12


勘太郎さんが休憩に置いていった“Chaki”です。



1111chaki14



1111chaki13



1111chaki15



1111chaki16



1111chaki17



1111chaki18



1111chaki19



1111chaki20  



1111chaki21


最後まで見ていただき、ありがとうございます。
にわかな僕のレポートで恐縮ですが、そんなブルースな夜でした。
あらためて、ご冥福をお祈りします。




2011年 02月 17日 ( Thu)
1102ohashitrio01


最近、YOU TUBE で、お気に入りのミュージシャンのライブやPVをよく見る。
ちょっと前、「bird」の曲を検索していたら、大橋トリオの「A BIRD」という曲がでてきた。
大橋トリオは、昨年末ぐらいにラジオに出ていたのを聴いていて(確か手嶌葵ちゃんとのコラボが流れた)、まったりした気だるい感じの声と、アコースティックでJAZZYな音楽で、「これは、イイ!」とチェックはしていた。
でも、それからすっかり忘れていて、そういえば!って感じで聴いてみた。
これがまたホント気だるい感じのオシャレな曲で、何ともいえない心地よい気分にしてくれるんだな。
この曲を聴いてすっかりお気に入りになってしまったのだが、昨日、たまたま入ったブックオフで、「PRETAPORTER」というアルバムを発見した。
とりあえず大橋トリオのアルバムということで遅ればせながらゲット。
早速聴いてみると、1曲目からイイ!
アルバムの最初から最後まで気だる~い感じで、めちゃくちゃ気に入ってしまった。
もう、ドストライク。
特に「Shizk」って曲はたまらなく癒される。
ネットで調べたら、まだインディーズのファーストアルバムだったのね。
何というクオリティの高さ。
やっぱりすごい人なんですね。
今までアルバム持ってなかったのがお恥ずかしい。
オフィシャルサイトでいろいろ視聴できるので、気になった方はぜひ聴いてみてちょ。
何ともいえないまったり感に癒されますよ。
とりあえず「A BIRD」のPV貼っときますね。
イチオシです、1人なのに「大橋トリオ」。





copyright © 2017 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。