~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年 09月 27日 ( Sat)
0809hokkaido0209
快晴の美瑛の丘。
どうしてこんな日に仕事なのだ・・・。

 2日目は札幌で会議である。まぁ、仕事で来ているので仕方がない。10時半ごろに千歳に仲間を迎えに行く予定。そのためには、朝の撮影時間は7時半までがリミット。宿の朝食もおにぎりしてもらった。
 このころの美瑛の日の出は5時20分ぐらい。勝手がわからないので、とりあえず3時50分に起きて4時出発。まだ真っ暗なんだが、辺りは霧が立ち込めている。間違いなく朝霧が見られる!どこで日の出を迎えようかと悩んで、ルベシベ方面に走り出したが、高台の五陵にもちょっと行っておこうとUターン。ここは美瑛に来だした最初の頃に行ったきりで、すっかり道を覚えていなかった。なんとか地図を頼りに真っ暗な中を辿り着いた。だんだん辺りが明るくなってくると、見事な朝霧が丘を覆いつくしているのが分かった。どの辺から撮ろうかうろちょろしながら三脚を立て、美しい朝霧に興奮しながらシャッターを切る。ここで、朝霧に突き出す美馬牛小学校の塔の写真が頭をよぎる。美瑛を撮っているものなら憧れの写真だろう。日の出まではあと少し。何を血迷ったか、僕は塔が見えるところへ移動することに決めた。ふと見渡すと、デジカメを持ってないことに気がついた。メインは未だフイルムで撮ってたんだけど、サブのデジカメを宿に忘れてきてしまった。さぁ、デジカメはあきらめてすぐに移動するか、宿に寄って、デジカメを取ってから移動するか。悩んだ結果、今日、みんなに自慢するためにも、デジカメで撮らなきゃ!ってちょっとスケベ心が出て(^_^;)、宿へ向かってしまったのだ。まぁ、宿もほとんど通り道なので、ロスタイムはちょっとと寄ってみると、みなさん宿の裏でカメラを構えているではないか。ここからはどんな眺めなのかなって、ちょっと顔出してみんなとしゃべっていると、「太陽出ましたよ!」だって。え~~~っ、だめじゃん! それからあわてて移動したけれど、時既に遅し・・・。朝霧の中走り回ったけど、オレンジ色に染まる朝霧を見ることはできず、迷って迷って塔の見えるところに着いたときは、霧が上がってきて塔も見えなくなってしまった・・・。そこで撮ってたおっさんたちに、「さっきまで見えてたのに残念だったねぇ。」と同情された。やっちまったなぁ。やっちまったよ。久しぶりの丘に舞い上がって、冷静な判断を欠いてしまった大失態だ。こんな、たった一泊の朝に朝霧に出会えるなんて幸運を、千載一遇のチャンスをミスミス逃すなんて。もう未だに大後悔ですよ。やっちまったなぁ~。(ーー;) 今度いつ行けるか分からないというのに・・・。もう一度時間を戻して~。

0809hokkaido0201
宿の周りも朝霧です。

0809hokkaido0202
いい感じのも撮れたけど。

0809hokkaido0203
ここで出ちゃうとは・・・。

0809hokkaido0204
霧の中を移動中。
焦るとなかなかいい場所に行けません。

0809hokkaido0205
停まっては撮って・・・。
これではなかなか進めません。

0809hokkaido0206
結局太陽はぐんぐん昇ってしまいました。

0809hokkaido0207
さわやかな朝、朝食をとらずに宿を出発。
とってもいい宿でしたよ「星の庵」。

 結局、自分のダメさ加減に落胆して一旦宿に戻る。荷造りして、オーナーさんに挨拶して、宿を出発したのは7時20分。予定を20分オーバー。実は、今回の目標のひとつ「赤羽の丘」を経由して、旭川から高速に乗ろうと企んでいた。前の晩に教えてもらった地図を頼りに、すっかり青空が広がった丘を走る。赤羽の丘は、今までまったく来たことのないところにあった。うぉー、こんな方にもこんなきれいなポイントがあったのか! 完璧な地図のおかげで迷うこともなく、初めての赤羽の丘に到着した。ちょうど朝食の時間なのか、ここには僕しかいない。この景色を独り占めだ。初めての場所で、撮影場所の勝手が分からず、ポプラを横からきれいに並べて撮ることができなかった。もしかしたら畑のふち沿いを歩くのかな。車を停めるスペースもせまく、時間がないこともあって、急いで撮ってこの場をあとにした。こんなきれいな場所があったんだね。9年前は全然知らなかったよ。そこから、「就実の丘」という十勝岳連峰と美瑛の丘が見渡せる絶景ポイントを通って、泣く泣く美瑛を離れることにした。予定をさらに30分オーバー。もう、会議なんてどうでもいいじゃん! だって、よりによってこんな見事な快晴なんだよ!って、ホントこのまま撮影を続けたかったけど、そういうわけにも行かず出発。神様も意地悪だわ。

0809hokkaido0208
初めて訪れた「赤羽の丘」

0809hokkaido0210
本当に絵のような風景を独り占め。

0809hokkaido0212
朝は逆光で撮りづらい。
ポプラの下の道は立入禁止だった(入ってもいいの?)。

0809hokkaido0211
また今度ゆっくり来たいところだね。

0809hokkaido0213
絶景の十勝岳連峰。

0809hokkaido0214
こんな日に美瑛を離れなきゃいけないなんて。(T_T)/~~~
これほど仕事に行きたくない日はないよ。


 結局、高速を飛ばして、予定よりちょっと遅れて、空港に10時45分に到着。しかし、飛行機が早く着いたらしく、しかも、だれも荷物を預けてなくて、10時40分に「どこにおるだーっ!」と携帯がなりました。それは予想外の早すぎ。まぁ、なんとかみんなを拾って、無事会議には出席できました。ああ、美瑛はどんな夕暮れなんだろうなんて考えて、会議どころではなかったです。
スポンサーサイト
2008年 09月 27日 ( Sat)
0809hokkaido0101
久しぶりの一人旅
北の大地へ

 台風もうまいこと避けまして、無事北海道に行ってまいりました。予定どおり1人で前乗りです。北海道は3年前に利尻と礼文に行ったんだけど、北海道本土(?)には行かなかったので、北海道本土には9年ぶりの上陸となりました。長い長いブランクでした。
 さすがに、ここんとこは家族で旅行することが多いので、久々の一人旅は、なんか寂しかったです。しかも、初めてのセントレアで、よく考えたら1人で飛行機に乗るのも初めて。ちょっと不安でしたが、なんとかなるもんですなぁ。窓側の席を確保して、空の旅を楽しむ。台風からの雨雲も北陸に抜けるとすっかり無くなり、見事な青空に月がぽっかり浮かんでいた。なんかうれしくなって、北海道に着く前にいっぱい写真撮ってました。

0809hokkaido0102
宇宙を感じてしまったのだ

 北海道は、台風なんてどこ吹く風。気持ちの良いさわやかな秋晴れでした。早速、レンタカーを手配して、真っすぐ富良野を目指しました。途中、仕事の電話や、翌日来る人から天気や気温を聞く電話なんかが入り、ちょっとホッとしつつも、富良野に近づくと、やはり興奮が抑えきれなくなり叫んでしまいました。何せ9年ぶり。どこが変わったかも楽しみということで。途中、ファーム富田に寄りながら(花は少なかったです)、美瑛へ。いやぁ~、丘がうねりだしたころには涙が出てきましたね。昔泊まっていた深山峠のウッディライフに挨拶をして、さぁ撮るぞと丘に繰り出したのは、もう3時近かったです。
 いざ、丘を走り出しても、「確かこの道はあそこに出て・・・。」とか、「あの建物はなんだろう?」とか、「こんなとこにこんなきれいな道あったっけ?」とか、写真を撮る余裕がまったくなく、天気も曇っていたので、どこに行ったらいいのやらで、しばらく彷徨っていました。昔のように、こんな天気ならあそこに行って、この時間帯ならあそこに行ってとか、なんて頭が働かなくなってましたね。結局、この日は、ほとんど彷徨ったまま終わったような感じでした。

0809hokkaido0103
来たぜっ!って感じですね。

0809hokkaido0104
丘を彷徨っていると
徐々に雲が取れてきました。

0809hokkaido0105
丘の色も空気も
すっかり秋の気配です。

0809hokkaido0106
ニオもたくさんありました。
これぞ美瑛の秋景色。

0809hokkaido0107
黒い雲をバックに夕日が差し込む。
こんな景色が大好きです。

0809hokkaido0108
この木も元気なようで安心しました。

0809hokkaido0109
哲学の木も健在で安心安心。

0809hokkaido0110
あっという間のサンセット。
北の日の入りは早いのです。

0809hokkaido0111
彷徨っているうちに沈んでしまいました。

 9年のブランクを感じつつ、あっというまの1日目の終了にすっかり落胆しておりましたが、この日の宿泊は、とほ宿の「星の庵」。久しぶりの一人旅なので、あえて相部屋のとほ宿にしました。ここに泊まるのは初めてなんだけど、昔からちょっと気になっていました。この中途半端な季節でも、お客さんはいっぱいで、ほとんどが常連客でした。それでも、初めての僕も溶け込める雰囲気で楽しかったです。オーナーもスタッフも気さくないい方ばかりで、ご飯もおいしかったですよ。釧路港直送のサンマの刺身は格別でした。夜は、お酒を飲みながら一人旅の人たちと情報交換し、今回の目標「赤羽の丘」と「青い池」の行き方を教えてもらいました。こういうのがあるからとほ宿はイイね。ちょっと東海人の人口密度が高く、名古屋メシ話で盛り上がりました。

0809hokkaido0112
おいしいご飯をたらふくいただきました。
サンマの刺身は最高です。

 こんな感じで、一人旅初日は無事終了。写真はダメでしたけどホント楽しい1日で、翌日に会議があって、空港に人を迎えに行くなんて、考えられないし考えたくもない・・・。台風で飛行機飛ばなきゃいいのにって本気で考えちゃいました。
2008年 09月 13日 ( Sat)
0809雲間の光線
雲間からあふれる光

 すっかり涼しくなりまして、って書こうと思ったら暑いな。また夏に逆戻りですね。
夏の終わりにいい光をキャッチ。

 さて、なんとわたくし、来週から北海道でございます!なんか遊んでばっかりいるみたいですけど仕事です、仕事。札幌で土日に会議がありまして。まぁ、仕方なく出席するんですけどね。往復航空券と1泊分が出るわけですよ。(^^ゞ それでね、月曜日を休んじゃうと4連休なんですよ。せっかくのチャンス。まぁ休んでもいいかなって。それで、会議終わったら、美瑛に直行しようと。9年ぶりです9年ぶり。
 ところがところが、いっしょに行くやつ2人が、北海道が初めてで、どこ行っていいかわからないから僕に着いてくるって言い出すんです。そんな、初めての北海道で僕に着いてきたって、朝から晩まで丘の畑の中を走り回って撮影してるだけだから、何にもおもしろくないって言ったんだけど、それでもイイって。黙って着いてくって。それで、仕方なく3人で行動することになっちゃったんだけど、時がたつにつれて次第に要望がエスカレートしてきて、「小樽でウマイ寿司食いたい。」「札幌でジンギスカンとラーメン食いたい。」「あそこ行きたい、ここ行きたい。」おいおい、黙って着いてくるんじゃなかったんかい。結局、僕が折れて、会議の翌日は小樽と札幌の観光で札幌泊まりに・・・。(ーー;) 月曜日に富良野・美瑛の美しい景色を案内して(喜ぶとは思えんが・・・)火曜日に千歳にとんぼ返り、というスケジュールに。まぁ、夕日と朝日のチャンスが一回ずつあるからいいかと思ってました。
 しばらくして、飛行機を予約する直前に、他の行く人が金曜日に前乗りするっていう情報が入ったんです。おおっ、その手があったか!!! 4日行くけど仕事休むのは1日だし、もう1日休んでもいっか・・・。もう予約する直前だったので、なんか勢いで頭真っ白で「僕だけ金曜日発に変更でお願いします。」って口走ってしまった。あとでカレンダー見たら前の週、3連休じゃん・・・。うわっ、来週3日しかない・・・。その翌週も3日しかない・・・。ヤバイ・・・。結構今忙しいのに、えらいことしてもーた。ここにきて、予約するときがピークだったテンションが、右肩下がりで下降してます。なんか9年ぶりの北海道なのに、こんなテンションじゃいけませんね。もう予約しちゃったんだから仕方がない。行くしかない。楽しむしかない。金曜日は朝1番の飛行機なので、レンタカー借りて昼には美瑛にいる予定です。半日1人で丘を周って夕日を撮って、次の日は朝日を撮って朝食食べたら、千歳空港へみんなを迎えに行くというなんとも無駄なスケジュールだわ。(^^ゞ 
 9年ぶりの美瑛はすっかりかわってるかな、かわってないかな。みんな元気にしてるかな。まぁ、天気がいいことを祈ろう。
2008年 09月 06日 ( Sat)
0809sakaiminato17
鏡ヶ成の朝
こんな気持ちのいい芝生
飛び跳ねたくなるよね

 泊まったところは、国民休暇村「鏡ヶ成」。山の中にポツンと建ってて、宿の前は一面の芝生。晩御飯もおいしくいただき、朝食もバイキングで朝からお腹いっぱいです。据膳上膳でかみさんもご満悦の様子。ここは結構人気があるらしく、お客さんもいっぱいでした。翌日は天気もまずまずで、散歩も気持ちイイ。実は、めい(犬)も連れってたのですが、ここは残念ながらペットは一緒に泊まれませんでした。以前、有名なドッグトレーナーの人が、ムリにペットと泊まれる宿にしたり、ペットホテルに預けなくても、ハウス訓練されてる犬は、車の中でハウスで寝ても安心だと言っていたので、それを信じて車で寝かせました。寂しかったろうが、大丈夫のようでした。それで早朝からめいと散歩です。
 さて、僕の2日目プランは、大山高原でアスレチックして、ドッグランでめいを遊ばせて、みるくの里で遊んで昼飯食べて、ゆっくり帰ってくるという予定。チェックアウトをして、とりあえず最初の目標「森の国フィールドアスレチック」へ。そうやはテレビ番組のSASUKEが大好きで、アスレチックでSASUKEをやるんだ!と意気込んでました。しかし、ふたを開けてみると、ビビリで何もできませんでした。高いしすべるしちっちゃい子に抜かれるし・・・。結局もうやだ!とみんなやめてしまいました。現実を思い知ったようで。しょうがないので、隣接しているドッグランでめいを走らせることに。でも、暑くてぐったりの様子。そんなに長くはもたなそう。次の目標「みるくの里」へ移動。ここは美しい大山が目の前にそびえ、反対には日本海が見下ろせるという絶景の牧場。天気もよろしく、大山も日本海もなんとか見えた。おいしいソフトクリームにはありつけたが、レストランはすごい人。こりゃとてもムリ。あっけなく僕のプランが1時で終わった・・・。こうなると、当然子どもたちが行きたいところは水木しげるロードである。実はETC割引なるもの、夜の12時以降にインターを出れば4割引。ということは、米子インターを6時ぐらいに入って12時以降に名古屋インターを出る計算だ。ざっと4000円近く安くなるので、当然かみさんはETC割引を使うにキマットル!と。ということで・・・ふたたび境港へ移動。帰る方向とは逆方向へ1時間・・・。まぁ、昨日は途中から雨が振ってきたし、スタンプラリーで店もあまり見てないし、そうめったに来れるもんでもないし。子どものためにお父さんはがんばってるのだ。

0809sakaiminato18
大山は見る位置で表情がかわる。

0809sakaiminato19
どうやら運動神経はダメダメみたい・・・。

0809sakaiminato20
めいも楽しいのか苦しいのか。

0809sakaiminato27
来年は丑年かな。

 全員爆睡の中、境港へふたたび到着。昼飯も抜きで水木しげるロードを散策。金曜日とは比べものにならない人・人・人。さすが夏休みの土曜日。1つのスタンプ押すのに長蛇の列。こりゃぁ、全部押すのにどんだけかかるの・・・。金曜日に済ませといてよかったわ。スタンプ押さなくていいとなんて楽なこと。ゆっくり1件1件店に入り、子どもたちもお気に入りをさがして歩けます。途中、鬼太郎と猫娘のかぶりものが歩いてて、一緒に写真撮ったり、もう、無料のテーマパークですね。無料の。やっぱり2日とも行って大正解でした。

0809sakaiminato21
マニアック妖怪部門では一番人気のべとべとさん。

0809sakaiminato22
やっぱり目玉おやじはお金を集めるのだ。
これはあやかるしかないな。

0809sakaiminato23
けっこう笑える。

0809sakaiminato24
鬼太郎もなかなかかわいいじゃないか。

0809sakaiminato25
手乗り目玉おやじ。

0809sakaiminato26
港の倉庫まで鬼太郎なのじゃ。
この日は最後まで青空でした。


 最後はもう腹ペコで、5時の開店から境港の回転寿司をたらふく食べて、ようやく7時ぐらいに米子をあとにしました。そこからは、ひたすら運転運転。出発の ときと違って、走って歩いてくたくたになっての運転なので、結構キツイっす。ゆっくり休憩を取りながら、無事、夜中の1時過ぎに名古屋に戻ってまいりまし た。しっかりETC割引もきかせて、回転寿司代もゲット。まぁ、子どもたちが一番行きたがってたところに連れて行けてホントよかった。ホント楽しい夏休みの思い出になったことじゃろ。しかし、鳥取は遠かった・・・。でも、名古屋の人間なのに、すっかり境港通になってしまいました。

 
2008年 09月 04日 ( Thu)
0809sakaiminato01
日本一でかい鬼太郎

 夏休みも終わっちゃいましたね。子どもたちも学校が始まり、我が家にも平穏が戻ってまいりました。
 実は、この夏休み最大のビッグイベントは、鳥取は境港の「水木しげるロード」への家族旅行でした。大日岳の記事書いてるうちに夏休み終わっとった・・・。まぁ、夏休み中にできなかった宿題の感想文のようなもんですな。
 去年、大山登山に行ったとき、初めて境港の水木しげるロードへ行ったんだけど、ちょうどそのころからゲゲゲの鬼太郎のリメイクが始まり、うちの子たちが鬼太郎にはまりだしました。そして、事あるごとに僕の撮った水木しげるロードの妖怪のブロンズ像の写真を見ながら「行きたい行きたい」と連呼されていました。まぁ、僕だけ行ってきた後ろめたさもあり、夏休みに連れて行く約束をしてしまいました。
 そうはいっても境港までは名古屋から7時間・・・。(ーー;) うんざりする距離である。しかし、ETCの夜間割引を使うと、こんだけ走っても5450円! これは安い。八ヶ岳行くのと変わらん。4時までに高速に入ればいいので、家を夜中の3時に出発。後部座席をフラットにして子どもたちを寝かせ、あとはひたすらがんばるお父さん。大津で夜明けを迎え、朝のラッシュ前に大阪を抜け、山の中の中国道、米子道を走り、9時過ぎに無事米子に到着。4時間ぐらい寝ておいたので意外と楽でした。そこから米子の町を抜け、予定通り10時に境港の駐車場に到着。子どもたちにとったら、目が覚めたら鳥取。鳥取は近いのである。
 さてさて、1年ぶりの水木しげるロード。この日は金曜日だったんだけど、夏休みともあって結構な人。早速子どもたちはスタンプ帳を買って、妖怪のスタンプラリーを始める。水木しげるロードの両脇にスタンプが置いてあり、36個全部押すと賞状がもらえるとあって、子どもたちは真剣そのもの。もし押し忘れると、探したり戻ったりしなあかんので、大人も真剣。途中、昼食で休憩もしたけれど、スタンプ押すだけで結構な時間である。あまりまわりの店に入る余裕もなく、結局3時ぐらいまでかかってスタンプ終了。終了と同時にカミナリがなり雨が降ってきた。今年はカミナリに好かれている気がする。それで、初日はほとんどをスタンプラリーび費やし、4時ごろに境港を後にした。子どもたちは目を輝かせ大満足である。
 このまま、境港か米子に泊まれば楽チンなものを、お父さんは、自分の楽チンよりお財布にやさしいほうを選ぶのだ。本日の宿泊場所は、国民休暇村「鏡ヶ成」。大山の麓。境港から1時間ちょっとも岡山方面へ戻るのだ・・・。去年泊まったところで結構よかったし、しかもまぁまぁ安かったので、多少遠くてもOKということで。すっかりどしゃ降りになり、僕以外全員爆睡のなか、山道のワイディングロードをひた走り、予定通り5時すぎに鏡ヶ成に到着。楽しい楽しい家族旅行in鳥取の初日が無事終了しました。この日は、北京オリンピックの開会式の日でしたが、途中まで見て、睡魔に負けました。

0809sakaiminato02
最初に目に付く「サラリーマン山田」
僕が仕事で行く銀行にホントにそっくりな人がいる。
ぜひ妖怪そっくりコンテストに出場してもらいたい!

0809sakaiminato03
目玉おやじはスゴイ!
立っているだけでお金が集まるのだ。

0809sakaiminato04
それに比べてネズミ男は・・・。

0809sakaiminato05
こんな一反木綿がいるお店も。

0809sakaiminato06
こんな妖怪パンを売ってるお店も。
似てるかどうかはおいといて・・・。

0809sakaiminato07
妖怪神社の目玉おやじ石。
水の力でくるくる回るのじゃ。

0809sakaiminato08
この妖怪神社に真剣にお参りをするうちの子たち。
ピュアですなぁ。

0809sakaiminato09
今回一番の発見。
これは気に入った!

0809sakaiminato10
駅前にあるお気に入りのブロンズ像。
子どもたちも大喜び。

0809sakaiminato11
若かりし頃の水木しげる先生。
実はこの漫画もきちんと掘ってある。

0809sakaiminato12
鬼太郎のポストも子どもには大人気。

0809sakaiminato14
そうやはこの鬼太郎が最強にカッコイイらしい。

0809sakaiminato13
僕はこのガシャドクロが最強にカッコイイと思う。

0809sakaiminato15
この鬼太郎はちょっと・・・。

0809sakaiminato16
雨が降ってきたので帰るのじゃ。

 最後まで見てくれてありがとう。どうです。こんな妖怪たちがそこらじゅうにいる境港。行きたくなったでしょ。
copyright © 2008 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。