~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年 04月 28日 ( Sat)
1204sakura45  

sakura collection の続きです。



1204sakura46



1204sakura47



1204sakura44



1204sakura48



1204sakura49



1204sakura50



1204sakura51



1204sakura52



1204sakura53



1204sakura54


こんな感じの今年の桜でした。
全部近所の桜の木。
桜の名所に行かなくたって桜は桜ですね。


スポンサーサイト
2012年 04月 27日 ( Fri)
1204sakura43

今年はE-M5で sakura collection です。


こちらではとっくに桜は終わっておりますが、日本列島は長いのでまだまだ桜の写真です(言い訳)。
E-M5、桜撮りもいいですよ。
ファインダー覗きながらピント合わせたい花を拡大して撮れますし、花びらの諧調もいいです。
アートフィルターもシャッター1押しで複数OKだし、ホント、写真撮るのが楽しいです。
楽しいのが大事なのだ。
桜のアートフィルターは、どうしてもファンタジックフォーカスとデイドリームになってしまいます。
ノーマルもいいけど、フォトカードにはアートフィルターもアリですよね。


1204sakura33



1204sakura34



1204sakura35



1204sakura36



1204sakura37



1204sakura38



1204sakura31



1204sakura32



1204sakura39



1204sakura40



1204sakura41



1204sakura42


どれがお好みでした?
ボクはやっぱり水色っぽいデイドリーム派ですね。
色あせたネガみたいな発色がたまらないです。



2012年 04月 18日 ( Wed)
1204sakura01

ようやく今年の sakura photo です。
フォトカード風にひたすら桜です。


なんとか晴れた日に、桜をゆっくり見ることができました。
といっても名所でもなんでもない、近くの用水沿いの並木です。
木としてはまだ小さいですけどきれいでした。

さて、ようやくE-M5の実戦投入です。
E-M5はボタンをある程度自由に設定できます。
とりあえず、シャッター横のFn2に一番よく使う拡大機能、録画ボタンにハイライト&シャドーコントロール。
Aモードの際は、メインダイヤルに絞り値、サブダイヤルに露出補正を割り当ててみた。
これで、ファインダーを覗きながら、光をコントロールし、目を外さずに拡大してピント合わせがスムーズにできます。
マニュアルマクロにはいいんじゃないでしょうか。
E-P2では、拡大機能をボタンに割り当てることができず、infoボタンの中にあったので、拡大以外の機能をすべてオフにして、infoボタンひと押しで拡大機能になるようにしておりました。
押す回数はかわらないけど、シャッター横にあるのは格段に使いやすいです。

あと、アートフィルターのブラケット機能が超便利。
これは、撮りたいアートフィルターを最初に設定しておけば、1回の撮影で、設定したすべてのアートフィルターがかかって保存される機能です。
アートフィルターだけでなく、通常の撮影モードも設定できるので、i-finishやnaturalやモノクロや自分のお気に入りの設定もOKなんです。
桜の撮影では、natural、i-finish、ファンタジックフォーカス、デイドリーム、ライトトーンをonにしました。
1回シャッター押すだけで、これだけの写真が撮れちゃいます。
今までは、1枚撮るごとにボタン押して設定変えて撮ってましたから、これはもう超便利で超楽しい。
E-P2からは格段の進化ですね。
でも、あっという間に枚数いっちゃうけどね。
まぁ、カメラに興味ない人にはどうでもいい話なので、桜を楽しみましょう。



1204sakura04

natural はその名のとおり落ち着いた発色。
やっぱり風景にはこれがメインかな。



1204sakura05

ファンタジックフォーカスです。
桜のときは活躍します。



1204sakura06

結構使うのがデイドリーム。
おっさんんでも使うのじゃ。



1204sakura07

ライトトーンは桜ではあまり効果なし。
暗部が持ち上がって、ピンク色が強くなるって感じ。
これはこれできれいです。



1204sakura02




1204sakura03

マニュアルレンズの CONTAX マクロプラナー 60c です。
古いレンズですがよく写ります。



1204sakura08




1204sakura09




1204sakura10

ピント合わせが楽なので、
接写が楽しくなりますよ。



1204sakura11




1204sakura12

手振れ補正も強力です。



1204sakura13

こんなアングルはチルト液晶が役に立つ。



1204sakura14

ファンタジックフォーカスでファンタジックに(そのまんまや)。



1204sakura16




1204sakura17

でも、縦位置ではチルトは無意味なのであった・・・。



1204sakura18

コメントも出なくなってきたので、
ここからはタラタラいっちゃってください。



1204sakura19




1204sakura20




1204sakura21



1204sakura22




1204sakura24 



1204sakura25



1204sakura26



1204sakura27



1204sakura28



1204sakura29



1204sakura30



最後までスクロール、ありがとうございます。
このE-M5、イイですね。
まぁ、小さすぎてボタン操作がしにくいってのもありますが、贅沢いっちゃいかん。
画質はこんな小さなサイズではわからないと思うけど、概ね良好だと思います。
ていうか、そんなに気にしてませんけど・・・。
とにかくかわいがれるカメラですね。



2012年 04月 11日 ( Wed)
1204em5test15

またまたドラマティックトーンな空模様。



先週、久々に遠方の仕事があり、恵那・瑞浪方面へ行ってきました。
といっても天気はいまいち、桜もちらほらで行って帰ってきただけでした。
E-M5を連れて行きましたが、試し撮りとまでもいきませんでしたわ。



1204em5test16

恵那といえば川上屋。
残念ながら栗のシーズンではありません。



1204em5test17

瑞浪の川上屋です。
広くてきれいです。



1204em5test18

栗のお菓子以外にもたくさんありますねぇ。



1204em5test19

季節的にはさくらでしょうか。



1204em5test21

といいながら、買ったのはいちごでした。



1204em5test22

カスタードといちごが合いますよ。



1204em5test23

でも、しっかり栗のお菓子も買いました。


PEN同様、店の中でも威圧感はなく、お気軽に使えます(ちゃんとお店の許可はとってますよ~)。
パナの20mm F1.7 との相性もイイです。
高感度アップと強力手ぶれ補正で、夜のバーで活躍しそうです(行くことも無かろうに)。
で、結局お土産だけ買ってホントにトンボ帰りでした・・・。




1204em5test24

帰りに使ってみた新しいアートフィルター「リーニュクレールⅠ」(覚わらん…)
なんじゃこりゃ!
これは写真なのか?



1204em5test25

同じく「リーニュクレールⅡ」
まぁ、これはこれで遊べますかね。
いつか海辺で「鈴木英人氏」の絵のような作品を目指すか。



1204em5test27

最後は再びドラマティックトーンで〆。
何気ない風景でも結構撮る気にさせてくれますね。



2012年 04月 08日 ( Sun)
1204em5test01

E-M5のファーストショットがドラマティックトーンって・・・。



先週の爆弾低気圧通過の日に、ようやくE-M5を連れ出しました。
こんなどんよりした空は、やっぱりドラマティックトーンでしょ。
ボクのE-P2には搭載されていないので、うらやましく思っておりました。
で、いきなり記念すべきファーストショットからいっちゃいました。
ん~、これは遊べます。
その後はとても防塵防滴を試す余裕もなく(笑)、ものすごい嵐。
夕方、嵐が去って太陽が出てきたので、ようやく試し撮りです。
といっても、何もセッティングしておりませんので、カメラまかせのjpeg撮って出しで。
操作は、E-P2使いなので何とかわかりますが、だいぶ使い勝手も向上してそうですね。



1204em5test02

嵐の後の光です。



1204em5test03

EVFはファインダーを覗いたまま露出をコントロールできます。



1204em5test04

基本は「ナチュラル」かな。
その名のとおり、おとなしい自然な発色。



1204em5test05

キットレンズは逆光もなんとかってとこですね。
パワーズームもなかなか面白い。



1204em5test06

つい試したくなっちゃうドラマティックトーン。



1204em5test07

確かにドラマティックだわ。



1204em5test08

いろんなシーンで活躍しそう。



1204em5test09

残念ながら虹は出なかった。



1204em5test10

高いところからは、お約束のジオラマ。



1204em5test11

ん~、ジオラマだ。



1204em5test12

雲はどんなカメラでもそうは変わらんわな。



1204em5test13

機材じゃなくて撮る人次第ですよ~。



1204em5test14

でも、これは撮るのが楽しいカメラだね。



2012年 04月 07日 ( Sat)
1204EM506

この手のひらに収まる一眼。
名機の予感。



ようやく新戦力“OM-D E-M5”を弄れるようになりました。
まずは形から。
E-M5“を”試し撮りです。日本語は難しい。



1204EM507

真っ先に思いつくのが、
白PENで、まったくの不釣合いながら、
写りがいいのでつけっぱにしてた”LUMIX 20mm F1.7”がいけるってこと。



1204EM508




1204EM509

どうです?
サイズもコンパクトでよく似合うでしょ?



1204EM510




1204EM511

ブラックにもシルバーにも合わないと思う、
この中途半端なガンメタの帯も、
なんとなくしっくりくる。



1204EM512

たぶん、この組み合わせが一番出動機会が多いだろう。
コンパクトでイイ!



1204EM513

次に、大好きなレンズの“CONTAX マクロプラナー 60mm F2.8c”をいってみた。



1204EM514

往年の139Qや159MMが復活したかのようなバランス。
PENデジではこうはいかん。



1204EM515

実は、LEICAのほうがサイズ的に大きい。



1204EM516

ということで summicron 50mm をつけてみた。
アダプタがシルバーだけどいい感じ。



1204EM517

こんなレンズでじっくり撮るのもアリですね。



て、こんなことやってないで撮れ!という声が聞こえてきそうだが・・・。
撮りたくても撮りに行けなかったのです。
でも、モノとして愛せるかは大事。
第一印象、プラスティッキーかな?って思ったけど、触ってみると、小さい中にずっしりメカが詰まってるって感じで好印象。
愛せちゃいますよ。
ということで、ボチボチ試写をがんばります。



copyright © 2012 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。