~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年 01月 27日 ( Sun)
1301autumnpark01

このイチョウの木が・・・



昨日は名古屋でも雪が降り、うっすら積りました。
こんな冬まっただ中にもかかわらず、まだまだ紅葉写真が続きます。
それもこれも、このイチョウの木なんです。
うちのすぐ隣の畑に生えてるイチョウの木なんですけど。
先日、通ったら、この畑に戸建分譲建設予定の看板が立ってました。
この畑に家が立つんですね。
ということは、このイチョウも切り倒されちゃんですね。
そう思うと、急に愛おしく思えてきます。
そんなに大きくはない木ですけど、秋はとてもきれいな黄色に色づき、散歩のときも癒してくれます。
そんな存在がなくなっちゃうのはさみしいですね。



1301autumnpark02

土手の下から見上げるのがいい感じなんです。



1301autumnpark03

ちょっとハートっぽいでしょ。



1301autumnpark04

これが最後の黄葉になるなんて、
分かってないよな、きっと。



1301autumnpark05

なんか、ちょっと、さみしいです。



1301autumnpark06

近所の別のイチョウです。
こちらはいつまでも残ってほしいですね。



1301autumnpark07

本当に鮮やかな黄色が、
青空に映えるんです。



1301autumnpark08

いつまでも秋が待ち遠しくありますように。



1301autumnpark09

さっきの木からもう少し行ったところのイチョウ。
イチョウのはしごです。



1301autumnpark10

あまり大きくないほうが、
青空が透けて見えていいんです。



1301autumnpark11

ほうき星のようなひこうき雲。



まさか、この写真が撮りおさめになるとはなぁ。
なんとか、分譲業者がシンボルツリーとして残してくれることを願いたいですが・・・。



スポンサーサイト
2013年 01月 09日 ( Wed)
1301okubiwako47

それはそれは、絶景なのでした。



懲りずに奥琵琶湖の最後ですよ~。
寄り道ばかりでしたが、ようやく頂上のドライブインに到着。
結構強風で寒かったですが、すっかり晴れまして、晩秋の絶景が広がっておりました。



1301okubiwako34

ドライブインの展望台から見る琵琶湖の眺望。



1301okubiwako35

紅葉も最後の輝きを放っておりました。



1301okubiwako37

右奥に見えるのが伊吹山です。
うっすら雪化粧です。



1301okubiwako36

眼下は紺碧の琵琶湖です。



1301okubiwako38

遊歩道にひときわ輝くカエデ(?)を見つけた。
太陽に透かすとホントにきれい。



1301okubiwako40

その向こうにあるシュールな光景(笑)



1301okubiwako39

落ち葉に埋もれる歩道のアーチ。



1301okubiwako41

順光に輝くモミジのグラデーション。



昼飯も食わずにここまで写真を撮り続けてきて、ようやくドライブインで昼食。
といっても、おもちと缶コーヒーだったが。
それにしても寒かった。
ようやくこれで撮影終了で、木之本インターを目指すことに。
しかし、ドライブインからちょっと行ったところで車が停めれるスペースがあったので、またまたちょっと停めて導かれるように下を覗いてみた。
するとそこには展望台よりも美しい光景があったのでした。



1301okubiwako42

ここからの景色は最高。
左下の山の紅葉が見事でした。



1301okubiwako43

紺碧の琵琶湖に浮かぶ錦の島って感じ。



1301okubiwako44

錦の山肌を黒い影が通過する。



1301okubiwako45

こんな綿雲の仕業。



1301okubiwako46

紅葉の部分が生きているようにゆっくり形を変えてうごめく。
これも自然のアートだ。



1301okubiwako47

影のおかげで、枯れ木の白い枝ぶりが浮かび上がった。
絶景の中のアクセント。
ここぞといわんばかりに存在を主張する。



1301okubiwako48

日も傾き、最後に山が燃えた。
まるで導かれたかのように出会えた絶景でした。




長々と綴ってまいりました、若狭→マキノ→奥琵琶湖の旅も終了です。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
久々にじっくり写真を撮った一日でした。
忙しい中、行ってよかったわ。
たとえ雨でも、行けば何かが起こるということをまざまざと感じさせられました。
じっくり自然と向き合う時間も大切ですね。
でも、やっぱり持ってるわ~、オレ。
今年もがんばって写真アップしますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。



2013年 01月 06日 ( Sun)
1301okubiwako21

湖北の晩秋は、思った以上に素敵でした。



まったく新年の空気を読まずに、晩秋の奥琵琶湖を続けますよ~。
湖岸の駐車場にモミジを見つけました。
斜光に輝いていましたが、散って雨に濡れたモミジが一段と美しかった。



1301okubiwako18

真っ赤なモミジが濡れていました。



1301okubiwako20  

そして、色とりどりのモミジも。



1301okubiwako19

まるで錦絵の美しさ。



1301okubiwako22

こうやってまた一歩冬に近づきます。



1301okubiwako23

落ち葉の向こうは輝く琵琶湖。



1301okubiwako24

湖岸の秋のコラボレーション。



まさかの落ち葉で、またまた時間を使ってしまったので、急いで頂上を目指すことに。
カメラマンは時間通りになかなか先に進めないのが難点なのだ。


1301okubiwako17

雨上がりの霞んだ湖面の向こうに、
一本の輝くイチョウの木を発見。



1301okubiwako26

パークウェイは一気に高度を上げてゆく。
また車を停めて琵琶湖を見下ろす。



1301okubiwako27

湖面は刻々と表情を変える。



1301okubiwako28

日の当るところと当たらないところのコントラスト。
見ていて飽きない。



1301okubiwako29

山の斜面も、日が当たると一気に輝きだす。



1301okubiwako30

奥琵琶湖らしい地形。



1301okubiwako31

この美しさにまたまた足止め。



1301okubiwako31-2

頂上のドライブイン間際の西の湖。
ここを過ぎるともう見られなくなる。



1301okubiwako32

そこにあったモミジが、逆行を浴びて鮮やかに光っていた。



1301okubiwako33

これではなかなか先には進まないわな。



2013年 01月 04日 ( Fri)
1301okubiwako12

秋の写真の積み残しです。



2013年になりましたが、去年の写真がたんまり残ってるんです。
もっと早くアップしておけばいいのに、間に合わなかったもので・・・。
去年はほとんど秋がなく、夏から一気に寒い冬になった気がします。
もうちょっとゆっくり秋を感じてみてはいかがでしょう?(言い訳にもならん)

マキノのメタセコイア並木の続きです。
予想外の日差しでかなり長居したあと、ぼちぼち帰ろうかと木之本インターに向かう。
しかし、久々に来た奥琵琶湖で「奥琵琶湖パークウェイ」の看板を見てしまい、通らずにはいられなくなってしまった。



1301okubiwako01

昔、よく走った桜並木。
春にはこの海津大崎の桜並木が満開になり、車が大渋滞する。
その横をバイクで通り過ぎるのが優越感。



1301okubiwako02

雨が上がったグレーの琵琶湖。



1301okubiwako03

道路脇の黄葉にちょっと寄り道。



1301okubiwako04

黄色の空を見上げる。



1301okubiwako05

トンネルを過ぎると、そこは・・・。



雨も上がったようで、車を進める。
細く暗いトンネルをいくつか抜け、このトンネルを抜けたら青空!な~んて冗談で思ってたら・・・。


1301okubiwako06

ホントに青空だった。
これにはマジでビックリ。
南の方は天気よかったのね。



1301okubiwako07

なつかしいバスボート。
昔はよくこの奥琵琶湖にバス釣りに来たものだ。



1301okubiwako08

雲の隙間からスポットライトのように日が差す。
日の当ってるとこだけ鮮やかに浮かび上がる。



1301okubiwako09

まだまだ湖岸の紅葉がきれいでした。



1301okubiwako10

この鮮やかなコントラストに目を奪われる。



1301okubiwako11

これぞ湖岸の秋景色。



1301okubiwako13

湖岸を走ってよかったと思う瞬間。



1301okubiwako14

そして、大好きだった大浦の入江の景色。
さっきまでの雨が嘘みたいな爽快な景色。



1301okubiwako15

ドラマチックトーンでドラマチックに表現。



1301okubiwako16

そう、こんな感じに見えるぐらいドラマチックなのだ。




2013年 01月 02日 ( Wed)
1301kinga01

謹賀新年


みなさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

去年は、8月ぐらいから急激に仕事が忙しくなって、ブログの更新がおろそかになってしまいました。
今年はもうちょっと要領よく仕事をこなして、自分の時間を作りたいと思います。
写真はもちろん、クラフトもがんばらなきゃね。
去年、がんばってビーチグラスアクセサリー作るぞっていった瞬間、やる暇なくなったもんな~。
まぁ、3月までは、はるが受験なので旅行は行けないけど、終わったらいろいろ出かけよう。
しかし、これからお金がいっぱいいりそうだ(現実的)・・・。
暇になったら稼ぎが0の世界ですから、仕事が忙しいということはありがたいことだ。
そんなわけで、今年はより、仕事に遊びにがんばります。
みなさまにとっても、2013年がすばらしい1年になりますように。




copyright © 2013 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。