FC2ブログ
~くじらぐもな気分~
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年 11月 22日 ( Tue)
1111nipponseries01

これが生で見る落合監督の最後のユニホーム姿になってしまいました。
ありがとう、落合!



長い長いポストシーズンが終了いたしました。
ご存知のとおり、ドラゴンズはまたしても完全制覇を逃してしまいました。
でも、まぁ、ヤフードームの最終戦でソフトバンクが勝って、球場が一体となって盛り上がってるの見れば、これでいいのダ!と思えますわ。
やっぱりホームチームが勝たなきゃ。
あそこでドラゴンズが日本一になっても盛り上がらんやろ。
昔、西武相手に王手をかけて名古屋に戻ってきて、2連敗して西武の胴上げを見せられましたが、どっちもさみし~よ。
しかし、2連勝で名古屋に戻ってきて、ホームで1つも勝てんってどういうこと。
みんな必死にチケット取って、高いお金払って見に来てるわけだから、「このシリーズはホームでは勝てない気がする。」じゃねーよ。
まず、ファンにゴメンナサイでしょ。
確かにそんな雰囲気だったけど、最後にそうはいかんかったねぇ。
まぁ、7試合で9得点じゃ、いくらなんでも勝てんわな、っていうか、これで日本一になっちゃダメでしょ。
しっかし、最後の最後にここまで打てんかねぇ。
そうも、たまにランナーが出ても、「どうせ打てないでしょ」ってな感じで見てて、「あぁ~、やっぱり~」ってなっちゃうもんね。
子どもがそんなだから、こんなことしてたらどんどん子どもファンは逃げちゃうよ。
と愚痴をたくさん書かせていただきましたが、そうはいっても、打てないんだから守り勝つ野球を落合はやってきたわけで、それで僕たちを8年間で5度も日本シリーズに連れていってくれたんだから、それで正解なわけで、落合は偉大なわけで、ホントに感謝感謝感謝なのであります。
この成績のあとですから、来年から高木監督もたいへんです。
コーチ陣は全部ドラゴンズOBで固めたようですが、なかよし軍団なっちゃわないでしょうか?
でも、とりあえずは、もうちょっと打って点が入るチームにして欲しいものですな。


さてさて、日本シリーズは家でのんびり見ると書きましたが、連れからチケットが当たりすぎたんで買ってくれとの連絡があり、結局弟5戦を見に行ってきました。
周りには、2連勝した時点で、「木曜日のチケット持ってるもんねぇ~」と自慢して、「この前のCSの優勝決定も見たし、2007年の日本一決定の山井ー岩瀬のパーフェクトリレーも見てるから、オレは持ってる男だぜぇ~。」と豪語し、絶対木曜日で胴上げだと思ってたんですが、2連敗で胴上げはなくなり、さらに今までで最悪の試合を見せられることとなってしまいました。
そんなこんなで、2011年の野球はこれにて終了です。
あっ、ソフトバンクはアジアシリーズ、絶対負けたらあかんで!



1111nipponseries02

今回は、外野に近い1塁側でした。
この3色のアフロの後です。
テレビに映ったかな?



1111nipponseries03

チェンがこんな感じに見えます。
チェンの急速に押されて、
ファールボールがたくさん飛んでくることをそうは期待してましたが、
1球も近くに飛んできませんでした。



1111nipponseries04

唯一楽しめたのは、
ドアラが2700の「右ひじ左ひじ交互に見て♪」をやっていたことですかねぇ。
果たしてどれだけの人がわかるんだろうか?
しかし、ボク的にはツボです(わからない人はググッてみてちょ)。



1111nipponseries05

子どももいっしょだったんで、8回に、
「明日学校だし、この回点取られたら帰るか?」って言った瞬間に押し出しデッドボール・・・。
一斉にみんな席を立ち出しました。
で、帰りにチケットを売ってくれた連れのいる外野へ。
(ちなみにこの連れは3試合とも来て3連敗・・・最悪)



1111nipponseries06

こんな活気の無い外野は初めてだ。
みんな、しょぼ~んのお葬式状態。(´・ω・`)
帰った後の8回9回にヒット1本ずつ打ったようですが、
見てる間は3安打ですから。
まったく盛り上がることなく終了。
今までで最悪の日本シリーズの試合でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2019 くじらぐも all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。